感動した昼食

2008

昨日、いつものように遅い昼食をとったときのこと。

嫁から「今日は店のものを焼くから、何がいい?」

と聞かれて、頭の中を


霜降りあじ

つぼだい

かれいみりん

あじみりん

塩さば

かます

 

と、焼きあがった姿が流れていきましたが


 ”うる目丸干し”が食べたい!

という思いが一気に広がり、そのままオーダー。


「おかずになる?」と聞かれたけれど

「十分!」  と口の中はあのうる目の旨さが広がっていた 笑。

 


「焼けたよ。食べられる?」

の声で、机を離れて向かってみると

 

「おぉぉぉぉ! すげえじゃん!」


テーブルには

白いご飯

焼いたうる目丸干し

手作りの豚汁


「おぉーーーーっ、これだよ 日本人の力が湧き出てくる食事は!」

 

早速、豚汁をすすって うる目を頭からかぶりつく。


何も言わずに、ご飯をかき込む・・・

 

 

「うまーーーーっい!」


「写真だ写真! この感動は残しておかなければ!」



世間では、デパ地下だ、希少な食材だ、とろけるような脂身だと

言われていますが、素朴な素材の旨さに感動するような

こういう日が週に一回はいるんじゃないかな。

 

ほんとに一回の食事がありがたかった。

ありがとう嫁さん。

???????????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ★

  こちらも感動!粒々で上品な真子の味が楽しめます。

  メルマガ・ブログ読者の方だけご案内

    10月末までの特別価格!  こちら。

★ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ★

  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

国産明太子

管理人:国産明太子
ドライブと家族と仕事が好きで
いつまでも昔のプレー夢見るサッカー大好き
ファンタジスタ。
海産物屋『白石商店』の3代目やってます。
こだわりの国産手造り明太子”春潮”や
新鮮な干物、愛情込めた海産物をどうぞ。

フェイスブック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリー

検索フォーム

QRコード

QR