スポンサーサイト

--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

MMPを機に

2008

門司港の中心地に大型スーパー『ハローデイ』が出来ることを機に

門司港の街なかを活性化しよう『MMP(仮称)』の第一回会議が行なわれました。


内容は今から地元の商売主やハローデイさん、地元の学生さんや住民を巻き込んで

詰められていくものと思います。


一通りの説明が終わった後、参加者一人一人が思いと提案を述べたのですが

相変らずの的を得ない、支離滅裂な発表をする者1人・・・つまり私なのですが

どうも、その場で意見を求められると文章をまとめる能力がありません 泣。


というわけで、私の思いをここでもう一度述べさせてもらっておきます 笑。

 

街中プロジェクトで重要だと思うことは、既存店がその魅力を自覚し

日常の営みに楽しさを感じ、活き活きとしたその姿を通り行く人に発信すること。


それに、新規店舗が各テーマごとのエリアで勢いを持って商売し

核となるハローデイがその集客力で人を流す。


ハローデイはプロジェクト無しでも集客します。

新規店舗はやる気満々です。

既存店がその魅力を出し切れなければ、外資による観光地化であり

門司港らしい街なかはできないから。


だからこそ、「うちはもうそうしてまで・・・」「業種が向かないから・・・」と思った時は

もう一度『もうけの魅力』と共に『人と触れ合う魅力』に目を向けて

各店の魅力を再認識して発揮して欲しい。


”元気なおばあちゃんのいる〇〇”

”創業〇〇年の思いがこもった〇〇を売る店”

”修理の大好きな〇〇電気店”

”ほんとに人がいい店主のいる〇〇店”

”昔の写真を沢山飾ってる〇〇”

”来店したほとんどの人が利用する〇〇”

各店に、商品力だけではない常連さんだけが知っている魅力がたっぷりあるはず。


人に知ってもらって自慢して、喜んでもらえたら儲け抜きにしても嬉しいじゃないですか。

そんな魅力が集まれば、人も集まり、売れるものも作り出せるかもしれない。


観光客にとっても、門司港の生活感一杯でどこの観光地にも真似できない魅力だし

地元の人にとっても、スーパーやコンビニ、チェーン店にない魅力になるんじゃ

ないかなと。


MMPをきっかけに、ぜひ既存店の魅力を再発見・再認識して、その集合体として

街なかをPRできたら最高です!


ということを言いたかったわけです 笑。


さあ、自店の再発見をもう一度はじめよ。

  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

国産明太子

管理人:国産明太子
ドライブと家族と仕事が好きで
いつまでも昔のプレー夢見るサッカー大好き
ファンタジスタ。
海産物屋『白石商店』の3代目やってます。
こだわりの国産手造り明太子”春潮”や
新鮮な干物、愛情込めた海産物をどうぞ。

フェイスブック

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリー

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。