北海道二日目の朝

2007

夜に深々と降り積もった雪はゆうに30cmを超えていた。

こちらでは多くの家庭に小型ブルドーザーがあって、家の周りの雪かきをやっていて、道路は朝早くから除雪車が行き来していた。
羅臼2日目の朝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、宿を出てセリの行われている羅臼漁港へ。

セリの光景と明太子の親、スケソウダラを見ながら色々な説明を聞いた。
漁をする人にしかわからない貴重な話をたっぷり聞いてきた。

そんな間にも風雪はますます強まり、外の風景はまさに極寒の港。

福岡に帰って多くの人から「北海道寒かった?」って聞かれて

「いや、たいしたことなかったよ。上着も含めて3枚よ」

なんて、言ってたことは事実だけど
こんな時もありました 笑。

横殴りの雪は、寒いを通り越して痛い!

羅臼漁港

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「海に落ちたら死ぬな・・・」

福岡仕様の靴しか履いていなかった私は、さすがに海を覗き込むことは
止めました 笑。

予定では今日中に札幌入り。

「飛行機飛ぶんかな・・・」

中標津空港へ向かう道は、ほとんどホワイトアウト(私的に)
そんな私の思いとは裏腹に、時速は○○キロ! 

こんなスピードでスピンしないなんて信じられません 笑。

「しかし、ほんとに飛行機飛ぶんかな・・・」

中標津空港へ

  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

国産明太子

管理人:国産明太子
ドライブと家族と仕事が好きで
いつまでも昔のプレー夢見るサッカー大好き
ファンタジスタ。
海産物屋『白石商店』の3代目やってます。
こだわりの国産手造り明太子”春潮”や
新鮮な干物、愛情込めた海産物をどうぞ。

フェイスブック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリー

検索フォーム

QRコード

QR